スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008 根利森林鉄道まつり?


根利森林鉄道まつり


毎度ご乗車ありがとうございます。


今日は関東地方、気持ちの良い秋晴れでした。


久しぶりに5時起きし車で2時間、関越高速道を走り群馬県の沼田まで行きました。


ここは沼田インターからさらに約30分県道を走ったところにある林野庁森林技術


総合研修所林業機械化センター展示棟という施設です。


このあたりは森林に囲まれた地域でこの研修所には昔、このあたりに走っていた


めずらしい森林鉄道の機関車や客車などを保存、展示しています。



 アメリカ製のホイットカム


 ホイットカムに着けられている銘板


今年で2年目になる根利森林鉄道まつりですが今回の主役はこのホイットカム君


です。ホイットカム君は大正末期から昭和初期にかけてアメリカから我が国へ


小型産業用ガソリン機関車として数多く輸入され日本各地の森林鉄道などで活躍


しましたが今、日本に残存している唯一のホイットカムがここ群馬県沼田市根利


地区に保存されています。風雪などの影響でだいぶ老朽化していましたが今回、


修理、修復を終え今回の修復完成披露会となりました。


 協三工業製DL


 森林鉄道の客車


それ以外にも協三工業製の産業用ディーゼル機関車や森林鉄道の客車なども


保存展示されています。


 ボールドウィンのSL


そしてなんといってもここの目玉はこのボールドウィン社製の蒸気機関車です。


ダイアモンド形の大きな煙突が特徴です。こちらも日本に2台しか残存しない


メーカーの機関車です。


 森林鉄道まつり全景


上の写真が森林鉄道まつりの全景ですが山深い根利地区に数多くのお客さん


が多数来場しました。鉄道以外のイベントは次回ご紹介いたします。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。