スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都会の電車は新潟生まれ

毎度ご乗車ありがとうございます。


今日、新潟市秋葉区の得意先から戻る途中JR東日本新津車両製作所の前を通っ


たら工場の塀越しに真新しい京浜東北線用のE233系が停まっているのが見えました。


 JR東日本新津車両製作所(道路から撮影)


さっそく車を安全な場所に駐車してパチリ!


最近の東京の電車(JR)のほとんどがこの新潟の新津車両製作所で作られて


います。昔はJRの電車の修理工場(車検場)でしたが1994年から今まで100%


外注の鉄道車両の製造を始めました。


この通りを仕事中車で通ることはしばしばですが出来上がったばかりの新車を


見られることは本当にラッキーです。


 真新しいJR東日本E233系(京浜東北線仕様)


この車両は京浜東北線の209系を置換える目的で作られていますが、最近では


この233系の比率が高くなってきました。


しかし雪景色の中の233系はとても新鮮な感じです。


 工場への引込み線(踏み切りから撮影)



普通の車庫と違って機密も多い工場なので出庫線の出入り口にも扉があります。


こういうシーンが撮れるのもとてラッキーでした。貴重な昼休みの1シーンでした。


 讀賣新聞新潟北版(1月15日朝刊)


夕方、ホテルのロビーで新聞を見ていたら偶然見つけました!


ちょうど見たJRの車両は工場始まって以来3000両目の車両だったようです!




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。