スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
峠の力持ち

毎度ご乗車ありがとうございます!


昨日は「ムーミン」ことEF55ラストランの話題をお伝えしましたが、ここ横川駅は


現在終点の駅になっていますが平成9年に横川-軽井沢間が廃線になるまでは


この先の碓氷峠にEF63型電機機関車がサポートした特急列車や普通列車が


走っていました。


 EF63型電機機関車


 碓氷峠鉄道文化村


現在でもこのEF63が保存されているのはここ碓氷峠鉄道文化村です。


ここは平成9年に信越本線のこの区間が廃止後、横川駅の広い構内を整備し


オープンしました。


ここにはEF63型をはじめ特急あさま用の189系電車や過去に活躍した


さまざまな鉄道車両が展示されています。


 重連で使用されたEF63


 EF63型のトップナンバーEF63 1


そしてここには生きている状態のEF63も走っています。動態保存といいます。


 EF63 1のプレートと銘板


EF63型は「峠の力持ち」と言われました。


 EF63 1のコクピット


さまざまな機器が並ぶEF63の運転席内部も公開しています。


この機関車のサポートでこの峠を通過する列車の安全が守られてきました。


 峠の力餅


こちらは「峠の力持ち」ではなく「峠の力餅」です。


古くから峠越えの旅人の活力源になってきました。










スポンサーサイト
コメント
コメント
力持ち
>>碓井峠は釜飯で、『峠の力餅』と言えば、山形新幹線のが有名ですが、碓井峠にも力餅あるとは知りませんでした。
>>山形(米沢)のは『つばさ』の車内販売で売ってますが、早く売り切れます。
>>これを買うために福島~米沢往復したことありました。
>>-----Original Message-----
>>
>>アドレス変更了解しました。今さらですが年賀状有難うございます。
2010/02/17(水) 21:40:09 | URL | DD51 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。