スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アプト式


 


毎度ご乗車ありがとうございます。


 ED42型電機機関車


こちらに保存されている機関車はEF63型よりさらにオールドな感じの機関車です。


これはアプト式機関車のED42型です。


 アプト式のラックレール


 ED42の車輪部


アプト式というのは車輪の内側の歯車とレールの歯車(ラックレール)と噛み合わして


急勾配を登ってゆく鉄道です。


この碓氷峠も昭和37年まではこのアプト式の線路にED42型が引く列車が走って


いましたがこの仕組みはスピードアップに対応することができず、昭和38年に


開通した新線からこの歯車を噛み合わせるアプト式からさきほどご紹介した


当時最新鋭の粘着式のEF63型にバトンタッチしました。


粘着式というのは歯車などを使わず普通にレールを登ってゆく登山鉄道で


緩やかな勾配と強力な出力の機関車で実現しました。しかしこの新線も平成9年


に長野新幹線が開通するとその役目を終え廃線になりました。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。