スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異国情緒たっぷりな犬吠駅
毎度ご乗車ありがとうございます。

銚子電鉄の旅もいよいよ終わりに近づきました!

最後に訪れたのは、犬吠駅です。

犬吠駅
異国情緒たっぷりな犬吠駅

ここは平成3年にポルトガル風な駅舎にリニューアルしましたが、時も立ちなんとなく古枯れて本物の異国情緒が漂っています。

喫茶店になっている車両

ここにも、古い車両がレストランとして置いてありますがなんとなくくたびれた感じです。

ポルトガル風の犬吠駅

ホーム側にはヤシの木もあり、なんとなく南の国の赴きです。

ここで定番の「ぬれ煎餅」をおみやげに買いました。

赤字で苦しむ当鉄道を救ったといういわれのある「ぬれ煎餅」です。

せっかくなので、存続を願い購入しました!

みなさんもローカル鉄道訪問の際は、お車での訪問の時もできるだけ収入に貢献してあげてくださいネ。

ローカル線はどこも経営に苦慮しているのは事実なんです。

一路、銚子を目指します

頑張って走れ、銚子電鉄!!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。