スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蒲原鉄道ED1が冬鳥越に移転
毎度ご乗車ありがとうございます。

新潟県のローカル私鉄、蒲原鉄道は廃止後沿線の各所で車輌が保存されています。

ここ冬鳥越スキーガーデンでも県内最古の木造電車モハ1型や加茂市指定文化財に指定されている
モハ61型が保存されてきましたがここのところ保存状態はよくありませんでした。


そして今回、モハ1、モハ61の整備完了と旧村松駅に放置されていたED1型の冬鳥越に整備移転が完了しました。

冬鳥越に移転したED1
新たに冬鳥越で保存された蒲原鉄道ED1

村松時代のED1
村松時代のED1

村松時代のED1はかなり荒廃していましたが村松市のふるさと創生事業の一環でこんなに素晴らしく復元されました。

荒廃していたモハ1
荒廃していたモハ1
復元中のモハ1
復元中のモハ1
整備されたモハ1
復元されたモハ1
荒廃していたモハ61
荒廃していたモハ61
荒廃していたモハ61
美しくよみがえったモハ61
美しくよみがえったモハ61
美しくよみがえったモハ61
新車のようになったモハ61雪の冬鳥越(モハ1+モハ61)
雪の冬鳥越

冬は美しい蒲原鉄道時代の雄姿を再現していましたがこの冬シーズンは「新車」での晴れ舞台が雪に映えそうです。

短い冬鳥越の秋
美しくなったED1

静かな冬鳥越の秋は短いです。









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。