スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紀州ごぼうのミニ鉄道②
毎度ご乗車ありがとうございます。

キハ603と604
休車中のキハ604と車庫で休むキハ603

シルバーウィークのキハ603は19日、20日で運転は終了しました。

あとは26日、27日を残すのみとなりました。

西御坊駅とキテツ1型

かわって登場したのがこのキテツ1型です。

この車両は2001年に兵庫県の北条鉄道から1両がこの紀州鉄道にやってきました。

今回のキハ603の引退で7月にもう1両同型車両がやってきました。

北条鉄道ではフラワ1985型と名乗っていました。

キテツ1型車内
キテツ1型車内

キテツ1型の仲間はレールバスといって1980年代のローカル線で多数活躍しました。

外観も車内もバスのようですね。

富士重工というバス車体を得意とするメーカー製でバス用の部品を使って製造することによって低コストに仕上げています。

当時経営の苦しいローカル私鉄には救世主だったのですがバスと同じ10~15年の耐用年数のため
次第に同じ仲間は引退してゆきました。


この車両は2軸車で1車両に車輪は4つ。やっぱりバスと同じです
ね。


2軸式のレールバスの営業車は全国でもこの車両のみとなりました。現在は大変珍しい車両です。

キテツ1型

キテツ

それでは御坊駅までの10分間の旅、いってきま~す。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。