スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくのなつやみ⑤-2(帰りは名栗温泉でまったり)
毎度ご乗車ありがとうございます。

鉱山へ登る狭い道で大型トラックとすれ違いできなかったり、運転にとても神経を使いました。

ちょっと一服できるところを見つけました!

大鳩園キャンプ場

大鳩園キャンプ場近くの売店です。

ここでアイスクリームを買ってやっと一息。
名栗川渓谷

一時はどうなるかと思いましたが景色もよくほっとできました!

名もない滝のようですが名栗川はほんとに清流で美しいです。

国際興業バス名栗車庫
国際興業バス名栗車庫

しばらく県道を下ってゆくと国際興業バスの名栗車庫を通ります。

国際興業バスは東武東上線の沿線と戸田市、川口市や東京の北区近辺に営業エリアのあるバス

会社ですがこの辺りは西武バスの地盤かと思っていたので意外でした。

いすゞキュービックバス
いすゞキュービックバス(許可を得て立ち入り撮影)

車庫の奥のほうにいすゞのキュービックバスがいるのを見つけました。

しかも旧塗装です。かつては池袋や浦和などでも見かけましたが大都市は新型車に置き換わり

今では見かけなくなっています。

この地区ではまだ元気に頑張っているようです。

「机」バス停

それにしても「机」というバス停は珍しいです。

鹿に注意!

この辺りは鹿もいるんですね!

さわらびの湯看板

というわけで「さわらびの湯」に程なく到着。

さわらびの湯

ここで疲れを癒して帰ります。

ここの温泉は単純アルカリ泉で冷泉なので源泉は17℃だそうです。

入場料は大人3時間800円で内部に飲食設備がなく持ち込み自由です。

タオル類の貸し出しもありませんがタオルはフェイスタオル200円、バスタオル800円で販売しています。

この日は平日だったため入浴客もまばらでした。

休憩室は静かでのんびりできると思います。

採れたて野菜

自然に浸った一日でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。