スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州鉄道記念館(前編)


 九州鉄道記念館


毎度ご乗車ありがとうございます。


門司港駅に立ち寄ったもうひとつの目的は九州鉄道記念館に立ち寄ることです。


 キハ07形機械式気動車


ここには九州で活躍した蒸気機関車、電気機関車、電車、気動車などが展示されて


いますがなかでもお気に入りなのがこのキハ07形気動車です。


主に昭和30年代に活躍した気動車ですがこのドーム型の流線形のデザインがなんともいえません!


 キハ07形の運転台


この車両はバスのようにクラッチペダルやシフトレバーがあり運転士が1段1段ギア


を切り替えてゆきます。2両連結の時は運転士がそれぞれの車両に乗って警笛で


合図しながらギアチェンジをしてゆきます。タイミングが狂うと大変なことになります。


ベテラン運転士でないととても操縦できる代物ではありませんでした。


 キハ07形の車内


車内も公開してますがなんともノスタルジックな気分になります。


座席にもたれているとこの車両がいまにも走りだしそうです!









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。