スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丸瀬布いこいの森


 丸瀬布いこいの森に保存されている雨宮21号


 北海道鉄道文化遺産の雨宮21号

旭川から特急で1時間40分さらにタクシーで20分ほどのところに丸瀬布いこいの森があります。

同園は1984年4月29日にオープンされた広さ26hもある自然の中のレクレーショ


ン施設でキャンプ場や日帰り温泉施設なども隣接しています。


丸瀬布町は町の面積の92%が山林で町の主要産業は林業です。


ここもかつて木材運搬用の森林鉄道があり今でもその時使っていたSLがいまでも


走れる状態で保存されています。これがその写真のSLです。


雨宮21号といって今年で80年になります。雨宮というのは当時雨宮製作所という


鉄工所がありそこで作られました。ここも観光客を乗せて第二の人生を過ごしています。




このSLは埼玉県の西武鉄道からやってきたSLで久しぶりの再会です。


西武球場ができる前、西武遊園地-ユネスコ村(現在の西武球場前)を走っていた


観光用の鉄道でしたが球場がオープンして新交通システム(ゆりかもめと同じシステム)

にかわってなくなった鉄道です。こんな北国で再会できるとは思いませんでした。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。