スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別海村営軌道風蓮線


 別海村営軌道奥行臼駅跡

 自走客車

 加藤式DLとミルクカー

ここはほんとうに時が止まったかのようだ。この鉄道が廃止されたのは1971年7月


37年前、ここから客車や貨物列車が発着していた頃の風景そのままだ。


古い軽便鉄道の本などで写真が紹介されていたのは知っていたが実際現実の風景


を目の当たりにして不思議な感覚に陥った。


国鉄線の方もそうだがここは本当に時が止まったままだ。


車両は昭和39年釧路製作所製の自走客車(ディーゼルカー)と加藤製作所DL


後ろに連結されているのが牛乳を運ぶ専用貨車。


昭和30年代から40年代にかけて活躍した車両だが道路が未整備の頃、人も荷物


もこの鉄道で町まで運ばれた。もちろん当時は道路が未整備で車はここまで入れ


なかった。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。