スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくのなつやすみ2010②
黒部峡谷鉄道

残暑お見舞い申し上げます。

毎度ご乗車ありがとうございます


青海川-鯨波間での撮影を終え、米山ICから黒部方面に向かいました。>
次の目的地は黒部峡谷鉄道宇奈月駅です。

黒部峡谷鉄道宇奈月駅
黒部峡谷鉄道宇奈月駅

きっぷ売場

黒部峡谷鉄道は以前、ツアー旅行で乗車しました。今回は乗車せず、駅構内の見学です。入場券を買って入場しました。

宇奈月駅構内
宇奈月駅構内

構内はわりと広めな感じですが、待機している客車や貨車はそれほど多くは見られません。

運用中なのでしょうか?

貨物用電気機関車
EB10形電気機関車

貨物用のEB10形が、せっせと入換に従事していました。

ED10の貨物列車
黒部峡谷鉄道貨物列車

何回かの入換の後、すばやく貨物編成を組成しました。作業の早さは手馴れたもので見事です。

この駅の改札は乗車列車ごとの改札で観光客で行列するので、こういった貨物の入換風景は別の機会でないと撮影できません。

黒部のカモシカ
黒部のカモシカ


駅の待合スペースにはカモシカの剥製などが展示されていますが、子供達には人気があるようです。

黒部川電気記念館
黒部川電気記念館
駅を一旦出ると真向かいが黒部川電気記念館です。


黒部川の電源開発の歴史について展示していますが、無料できれいなお二人のおねえさんが受付にいらっしゃいます。
100808~12北陸旅行(S8) 068S3



EB5
EB5型電気機関車
展示は鉄的には、屋外のEB5型電気機関車が見ものです。


EB5解説板

黒部専用鉄道の頃からの機関車で大正時代のレトロな機関車を保存しています。

黒部の泡水

黒部の泡水(サイダー)

そういえば、さっき売店で飲んだサイダーを思い出しました。

天然水でつっくた素朴な味のサイダーです。とっても美味しい!黒部大好きです!












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。