スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東武博物館訪問
毎度ご乗車ありがとうございます。

梅雨時は雨が降ったり、曇ったり、はたまた晴れてきたり、鉄道写真を撮りにいってもあまりうまく行きません。

そうゆう休日は博物館訪問もいいですね。

東武博物館
東武博物館

というわけで、東武伊勢崎線東向島にある東武博物館へいってきました。

SL
B1型5号蒸気機関車

古い電車
デハ1型

正面玄関から入場すると正面にSL、そして左手に古い木造の電車を見ることができます。

でも、本日の目的は・・・・・

5700系けごん
モハ5700形特急用電車

一昨年、博物館がリニューアルされた時期に新たに仲間に加わった5700形電車とED101電気機関車です。

5701
5700系車内
モハ5700形の車内

モハ5700形は5700系の一員で、昭和26年から平成3年まで活躍しました。

5700運転台
晩年の5700形の顔

登場当初は2枚窓で「ねこひげ」の愛称で「けごん」や「きぬ」などの特急運用で親しまれました。

晩年は団体専用や臨時列車や快速運用で併結、分割に適合するように正面デザインが貫通式に改造されました。

車内の白い座席のカバーが非日常的な高級感を持たせます。いかにも温泉地へ向かう特別列車という感じです。

ED
ED101電気機関車
101

こちらも、リニューアル後の展示物です。

昭和47年まで東武鉄道で貨物牽引を中心に活躍しました。

その後、近江鉄道に渡りましたが平成20年、東武鉄道に里帰りし、ここ東武博物館に引き取られました。

戦前のイギリス製で非常に貴重な鉄道資料です。

日光軌道線203
日光軌道線モハ203

1720系デラックスロマンスカー
1720系デラックスロマンスカー(DRC)

他にも、日光軌道線の路面電車や特急「スペーシア」活躍までの1720系DRCなどたくさんの保存車両があります。

みなさんも、ジトジト蒸し暑い季節、冷房の効いた鉄道系博物館で快適に鉄ちゃんはいかがですか?!










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。