スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銚子電鉄中ノ町車庫見学
毎度ご乗車ありがとうございます。

まずは銚子駅から一つ目の中ノ町駅で下車します。

ここは銚子電鉄の車庫と車両工場のある駅です。

デキ3
デキ3

ここの目玉はかわいらしいデキ3です。1922年ドイツ・アルゲマイネ社製小型入換用電気機関車です。

当鉄道のマスコット的存在で親しまれています。

デハ701
デハ701

滋賀県の近江鉄道から来た電車。2両のうち701号は今年の3月末で引退。両側のデザインが異なります。

デハ801
デハ801

愛媛県の伊予鉄道から来た車両。古い車体ですが大型で主に朝、夕の通勤通学輸送に活躍しています。

1000形
デハ1000型(1001,1002)

東京の営団地下鉄(現・東京メトロ)銀座線の元2000形。地下鉄時代は下から電気を取っていましたが、現在は
パンタグラフで集電しています。


デハ2001
デハ2000形

元伊予鉄道の800形ですがその元を正せば京王帝都電鉄(現・京王電鉄)の2000系。塗装も懐かしい京王電車の
塗装です。現在整備中で運行に備えスタンバってます。


デハ2501
デハ2501

デハ2001の相棒ですが、顔が元京王5000系に準じたデザインに変更されています。伊予鉄道時代に整形しました!

デハ2502
デハ2502

もう1本入線した元伊予鉄道の800系。当初、アイボリー一色の塗装は京王電鉄の特急色を彷彿させましたが、

残念?なことに広告電車になってしまいました。いつかは、京王特急塗装にしてもらいたいものです。

3形式並んだ中ノ町駅

役者が揃いました!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。