スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐渡の鉄道遺構(佐渡金山)
毎度ご乗車ありがとうございます。

9月末の取材ストックから佐渡島の鉄道遺構をご紹介いたします。

佐渡島
佐渡島

佐渡島は古くは軽便鉄道が存在していたようですが残念ながら現在にその姿をはっきり残す遺構は存在しません。

佐渡金山軌道跡
佐渡金山軌道跡
佐渡金山軌道跡

今日ご紹介するのは史跡「佐渡金山」内に保存されている鉱山鉄道の遺構です。

佐渡金山
佐渡金山(道遊の割戸)

佐渡金山は慶長6年(1601年)に発見され以来江戸時代を通じて徳川幕府の財政を支えました。

これとは別に明治時代に入り主要鉱脈の「道遊脈」の開発を目的に開削された主要運搬坑道がこの道遊抗です。

平成元年(1989年)までこの鉱山で鉱山軌道も活躍していました。

佐渡金山軌道跡
ホッパー跡
機関庫
機関庫跡

坑内には比較的当時のままで車輌や線路が残されています。
機関庫跡には当時使われた蓄電池機関車が残されていました。

鉱山列車
機関車と鉱車

機関車の運転台
機関車の運転台

機関車は蓄電池を動力としていますが昔は架線も張ってあったようで電気機関車の写真が展示されていました。

機関車のマスコンを見るとやはり「鉄道車輌」であることがわかります。

鉱車
鉱車(貨車)
貨車(木材運搬)
木材運搬車(貨車)
人車
人車(客車)

一番下の車輌が人を乗せる人車です。

遊園地の電車のようですが作業員の大切な足でした。

人車の車内
人車の車内

ちょっと乗ってみましょう!

それでは出発しま~す!

坑道へ
坑道へ

とはいっても保存車輌、今は走ることができないので歩いてご紹介します。

坑道内
坑道内

9月下旬頃で外は20度くらいの気候でしたが坑内は10度くらいで長くいるとすこし寒いです。

坑道内の機関車
坑道内の機関車

坑道内にも機関車が展示されています。ヘッドライトも灯され実物感があります。

坑道内
展示坑道の終点

坑道の終点付近では鉱石が積まれた鉱車がありました。

機械工場
機械工場

もう一度外へ戻ると「機械工場」があります。

さまざまな古い工作機械類が展示されています。

ここで車輌の整備も行われていました。

先ほどご紹介した人車はここで生まれました。

転車台
転車台

この丸いマンホールの蓋のようなのがターンテーブル(転車台)です。

鉱山列車

佐渡島は船とクルマの島だと思っていましたが意外な鉄道の発見がありました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。