スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿区歴史博物館の都電5000形
毎度ご乗車ありがとうございます。

最近東京地方はつゆ入りで雨模様の休日が多いですね。

先日、新宿区歴史博物館にいってきました。

新宿区歴史博物館
新宿区歴史博物館

昭和の家庭

昭和の生活の舞台が復元されています。

昭和の書斎

昭和30年代の書斎です。

都電5000形

そしてこの一角になんとなつかしい都電の5000形が・・・

5000形の運転台
5000形の銘板
5000形の室内

なんとなくレプリカのようですが車内などもとてもよくできています。


5000形の台車

台車は本物のようですが部品だけは大事に保存されていたようです。
ボディーの感じはやはりレプリカですね。

雰囲気ある電停

電停に停まっているような雰囲気があります。

ロマンスカーの運転台
小田急3100系の運転台モック

他にも小田急ロマンスカーの運転台のモックなどもあり

本物そっくりのコクピット

気分はロマンスカーの運転士です。

座席も保存

本物の3100系のシートなどもあり、雨ばかりの天気でも鉄道を楽しめる場所でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。