スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーバークラフトに乗って


 大分ホーバーフェリーのりば


毎度ご乗車ありがとうございます。


大分駅を後にして一路東京へ向かっていますが大分空港までのルートは路線バス


かホーバーフェリー(航路)があります。


バスだと道路渋滞などで約1時間ほど要しますが市街地から程近い大分港をショート


カットしたルートでホーバーフェリーが運航されています。


 ホーバークラフト(模型)


上の写真がホーバークラフトの模型です。


下のスカートの部分に空気を吹き込み船体を上昇させます。地上から完全に浮き上


がった状態になるので陸地から発進できます。


 各地に運行されていたホーバークラフト


陸から海へ直接アクセスできる水陸両用で便利なため以前は全国いろいろな


場所で運行されていました。沖縄海洋博会場のアクセスや瀬戸大橋が開通する


以前の宇高航路にも就航していました。しかしエネルギー効率があまり良くなく


コストもかさむため次第に高速艇などに置き換わり現在運行されているのは


この大分ホーバーフェリーのみです。


 陸から出航!


 海にダイブ!!


乗客のほとんどは後ろの方に乗船していましたが初めてで事情が解からず一番


前に着席しました。


前ほど揺れが大きく、なぜほとんどのお客さんが後ろのほうに乗船している理由


が解かりました。


 ホーバーのコクピット


乗務員は2名ですが1名は右側の席でレーダー画面を凝視しています。


イルカや魚の群れを避けるためだと思います。船体は大きく上下に揺れますが


乗務員は慣れた感じです。


 大分空港に到着


30分ほどして大分空港に到着しました。水面から陸地の通路を通って広い空き地


に到着です。爬虫類の動物が水中から陸の上に上がるような感覚です。


やはり結構面白い乗り物です。これは乗っておいた方がいいかもです。


 東京(羽田)行きANA機


空港では鹿児島で買いそびれた薩摩揚げをおみやげに購入しチェックインして


飛行機に乗り込みました。たくさんの思い出とともに東京へ向かいました。












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。