スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再会

毎度ご乗車ありがとうございます。


今回の旅の一番の目的は・・・・・


 713系900番台


713系900番台という形式を撮るのが目的です。


この時期、九州で鉄道の写真を撮りに行くと言うとあと2週間でなくなるブルートレインの寝台特急を追いかけると考える人が多いようです。


私は日本全国のJRの車両の形式写真を撮り続けていますが前回宮崎まで来ていて


この形式だけまともな写真が撮れませんでした。「まともな」とは光線が順光、もしく


は曇りで影がなく足回りも黒く潰れずメーカーのカタログ写真のようなその形態を


よく表現している写真です。芸術性や趣はこのジャンルでは全く必要ありません。


無機質なほうが優秀な形式写真です。


 717系


この写真は717系です。上の713系900番台と形は同じです。


もともとは同じ塗装でしたが713系のほうはデザイナーの水戸岡鋭治氏の手で


変身しました。


 713系のサイドビュー

 SUNSHINE MIYAZAKIのロゴマーク


最初にこの強烈なデザインを雑誌で見た時から写真を撮りに行きたくてたまりませんでした。

特にこの「近郊型」のデザインと塗装はほぼ全国のパターンを撮影しています。


前回は会えたけどキレイな写真が撮れなかった713系900番台。


今回は思う存分、再会できました。













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。